鼻水吸引方法のメリットデメリット

news

2017年12月19日
新生児には鼻水吸引機があると安心ですを更新。
2017年12月19日
赤ちゃんの鼻の吸引についてを更新。
2017年12月19日
鼻水吸引機の種類と安全性とはを更新。
2017年12月19日
鼻水吸引機はあると便利を更新。

pick up

鼻水吸引機の種類と安全性とは

赤ちゃんのため 鼻水吸引機は新生児には必ずと言って欠かせないアイテムになります。新生児は自分で鼻水を吸い取…

more

新生児には鼻水吸引機があると安心です

中耳炎なども防ぐ 新生児の赤ちゃんの鼻の粘膜は敏感なので、環境が悪くなると鼻水、鼻づまりの症状がすぐ出てき…

more

calendar

2018年4月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

鼻水吸引機の種類

赤ちゃんの鼻づまりを解消するために重宝されているものに鼻水吸引機というものがあります。子育ての経験をされた方は使った経験がある方もいらっしゃるかもしれません。子育てにおいて赤ちゃんの鼻づまりは必ず起こるものであり、軽視できないものと言えるでしょう。この鼻水の吸引方法には様々なものがあり、それぞれメリットとデメリットが存在します。今回はそんな鼻水方法とメリットデメリットについて書いていきます。まず最も簡単な方法として、口で吸う方法が挙げられます。
これは、両親が口で直接赤ちゃんの鼻水を吸ってあげる方法ですね。赤ちゃんの鼻水が口に入ってくるのを防ぐようになっている商品もあり、価格もかなり安いです。メリットとしてはお手軽で価格が安く、吸引の調整もしやすいところです。しかしデメリットとして赤ちゃんの風邪を親がもらってしまう可能性があります。次はポンプを使って鼻水を取る方法です。
このメリットとしては、手動でポンプを動かして吸引するため口で直接触れる必要がなく風邪をもらう必要がありません。デメリットとしては、吸引力が弱いことです。そして一番オススメなのが鼻水吸引機を使った方法です。これは機会を使って吸引する方法で、デメリットは価格が高いというところがありますがメリットとして吸引力もあり調整もしやすいです。

赤ちゃんを守る

赤ちゃんの鼻詰まりは、その対処法に悩みますよね。まだ赤ちゃんは自分の力で鼻水を吸ったり出したりができません。そこで主な対処方法ですが、鼻水吸引機というものがあります。今回、この鼻水吸引機について色々と見ていきたいと思います。まず鼻水吸引機には手動式と自動式の2タイプがあるのです。一番、手頃なのはストローで吸う手動タイプの吸引機です。
ドラッグストアやスーパーでも売っているのですぐに使うことができます。このタイプは水気が多い鼻なら簡単に取ることが可能です。しかし粘度の高い鼻水になると取るのが困難になり、親が菌などで感染するリスクもあります。ですので、そのような事が心配であれば自動式の吸引機がお勧めです。自動式はその名の通り、機械の力で鼻水を吸い取ってくれます。
ストロータイプのような手動式と違って感染のリスクもないし、吸引力も段違いなのです。これなら、赤ちゃんもスッキリできますよね。また一概に電動式といっても様々な種類が発売されています。機械の吸引圧力や排気流量を見極めたり、据え置き型か持ち運び型かを選んだり、目的に応じたタイプを選ぶようにしましょう。以上のように、鼻水吸引機には様々な種類があることがよく分かりますね。

contents

新生児には鼻水吸引機があると安心です

中耳炎なども防ぐ 新生児の赤ちゃんの鼻の粘膜は敏感なので、環境が悪くなると鼻水、鼻づまりの症状がすぐ出てき…

more

赤ちゃんの鼻の吸引について

赤ちゃんは繊細 赤ちゃんの鼻水吸引機について紹介します。赤ちゃんの場合、鼻水がたまりやすく、自分でも鼻水が…

more

鼻水吸引機の種類と安全性とは

赤ちゃんのため 鼻水吸引機は新生児には必ずと言って欠かせないアイテムになります。新生児は自分で鼻水を吸い取…

more

鼻水吸引機はあると便利

子育ての必需品 子供が鼻水をかめるようになるのは大体早くて1歳半、遅くて3歳ごろになります。ですがその前ま…

more

Copyright(C)2017 新生児の育児にママのお助けアイテムとなる鼻水吸引機 All Rights Reserved.