鼻水吸引機の種類と安全性とは

news

2017年12月19日
新生児には鼻水吸引機があると安心ですを更新。
2017年12月19日
赤ちゃんの鼻の吸引についてを更新。
2017年12月19日
鼻水吸引機の種類と安全性とはを更新。
2017年12月19日
鼻水吸引機はあると便利を更新。

pick up

鼻水吸引機はあると便利

子育ての必需品 子供が鼻水をかめるようになるのは大体早くて1歳半、遅くて3歳ごろになります。ですがその前ま…

more

赤ちゃんの鼻の吸引について

赤ちゃんは繊細 赤ちゃんの鼻水吸引機について紹介します。赤ちゃんの場合、鼻水がたまりやすく、自分でも鼻水が…

more

calendar

2018年5月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

赤ちゃんのため

鼻水吸引機は新生児には必ずと言って欠かせないアイテムになります。新生児は自分で鼻水を吸い取る力がありません。鼻水は呼吸をする際に空気と一緒にウィルスや細菌が鼻に進入し鼻の粘膜に付着します。新生児は大人に比べ耳菅が短くこのようなウィルスが新生児の体内に進入すると中耳炎などが起こる危険が生じます。
なので鼻水吸引機は必要になってくるのです。鼻水吸引機には種類が多く使用方法もさまざまです。鼻水吸引機の種類ですがスポイトタイプや口で吸うタイプ、電動のハンディタイプのどがございます。スポイトタイプのメリットは安い事です。気軽に購入できる値段で販売されています。ママ向けのイベントなどでは無料サンプルが配られている事もあります。しかしスポイトタイプだと吸引力は弱いので気をつけて使用しなければなりません。
口で吸うタイプは小さくてコンパクトなので持ち歩きに便利です。スポイトタイプよりは少し吸引力があります。しかし風邪がうつる事や使用しにくい事がデメリットになります。電動のハンディタイプは風邪がうつる心配なくお手入れも簡単なので使用しやすいですが、電池がやコンセントが必要になるので使用場所を考えないといけません。なるべくお母さんのストレスを減らしながら赤ちゃんの安全の為に鼻水吸引機を使用してください。

次の被害を防ぐ

赤ちゃんや子供が風邪などをひくと殆どの場合鼻水に悩まされるかと思います。なかには長引いたり悪化するなどして中耳炎にもつながってしまうケースも少なくありません。小児科や耳鼻咽喉科などで鼻水を吸ってもらったり、お薬を出してもらうことが最も重要だと思いますが、意外や意外、家庭での処置をしっかりしておくと症状の軽減につながったりすることもあるのです。
そこで使用されるのが家庭で使用できる電動鼻水吸引機です。医療用に匹敵するほどの吸引ができますので、鼻の奥に詰まっているような鼻水もきっちりと吸引してくれます。よく鼻のかみ過ぎで鼻の下がヒリヒリして赤くなってしまったり、耳が痛くなってしまったりという話もききますが、それらの予防にもつながりますし、費用対効果もバツグンです。
手動タイプの鼻水吸引機も安価で市販されていますが、こちらは吸う側が風邪をもらってしまう危険性があるためお薦めはしません。また、子供が風邪をひくと家族もその風邪をもらってしまうという話をよく聞きますが、洗浄、消毒さえすれば家族も使用できますのでおおいに有効活用できるのではないでしょうか。もちろん花粉症などの鼻水にも使用できますから、一台家庭に常備さえすれば、活躍するシーンは多々あるのではないでしょうか。

Copyright(C)2017 新生児の育児にママのお助けアイテムとなる鼻水吸引機 All Rights Reserved.